シャンプーってどうやって選んでいますか?

 

 

毎日使うシャンプー、あなたはどのように選んでいるでしょうか。香りや価格も大事ですが、やはりその成分が第一です。
法律で含有成分は記載するように定められておろ、含有量が多い順番で記載されています。その表示を理解することが大事です。あまり良くないと思われるのは、ラウリル、硫酸などの表示のある石油系合成界面活性剤が多く含まれているものです。洗浄力が強すぎて、髪を傷めてしまう可能性があります。
反対に良い成分は、良性界面活性剤が含まれているアミノ酸系、ベタイン系などのものです。髪の成分を必要以上に流出させない優しい洗浄力です。また、汚れを落としながらタンパク質を髪に付着させるので、傷んだ髪を修復することもできます。
界面活性剤は水と油を混ぜるつなぎの役割として、様々な洗剤に使用されています。その泡立ちで髪をやさしく包み込み洗浄し、また、髪をコーティングして滑らかにし静電気を防止する効果もあります。
界面活性剤は良くない成分と思われがちですが、実は上記のように大事な役割を果たしています。重要なのは、その成分です。石油系ではなく天然のものを利用することで、リンスなしでも髪をしっとりサラサラにすることも可能なのです。