くせ毛の人と直毛の人の違いとは?痛みやすさに違いはある?

 

 

くせ毛と直毛の違いは髪の毛の形状にあります。

本来は直毛で生えてくるはずの毛が大半が遺伝により波打って生えてきてしまうのです。
髪には二種類のタンパク質が含まれています。
断面を見てみると直毛の場合は、きれいな丸い形をしており、二種類のタンパク質もバランス良く配置されています。
しかし、くせのある毛の場合はこの断面が楕円上になっていたり、楕円をさらに崩した形状になっていたりします。
そしてタンパク質の配置もバランスが悪くなっているためにダメージを受けやすくなってしまいます。
この二種類のタンパク質の配置は人によってまちまちで、さらには髪一本中でも違いがあるためにくせの種類にも様々な形があるわけです。
くせがあると直毛の人よりもダメージが受けやすくなるため、充分なケアが必要になってきます。
極力摩擦を抑えること、ドライヤーなどの熱を長時間加えないことなどです。
摩擦を抑えるには、目の詰まったブラシよりもクシなどを使う方が良いでしょう。
ドライヤーを使う場合は髪から最低20センチは離すようにしましょう。
トリートメントなどを使い、髪を保護することも必要です。
また、頭皮をマッサージするなど、頭皮を健康に保つことで改善されていく場合もあります。